百度( Baidu.com )訪日中国人に向けたプロモーション

2019.05.19

インバウンド

百度Baiduとは、圧倒的なシェアを誇る中国最大の検索エンジンです。ニュースや地図、ECモール等サービスを含む200以上のサービスを提供しています。

Googleサーチエンジンと百度の大きな違いは

百度は法的な情報規制がありますので、日本から観覧できるGoogleのサーチエンジンとは違い中国はキーワードや掲載情報に対して厳しい部分があります。

2018年の情報では、中国国内でパソコンより80%以上 モバイルより90%の圧倒的なシェアを誇ります。1日の検索回数は60億回を回ります。

訪日中国人向けのプロモーションには、欠かすことのできないベーシックなプロモーションとも言えるでしょう。

百度リスティング広告とは

百度(バイドゥ)のリスティング広告はGoogleのリスティング広告とよく似ています。

キーワードに対して入札金額に応じて広告が上位に掲載される仕組みになります。

百度(Baidu.com)に広告出稿する際に審査があります。

・出稿予定のキーワード審査があります。(1014日間)

WEBサイトに住所、連絡手段を明記しなければならない。

・会社案内ページがあること。

以上が広告出稿の条件となります。

※赤字の枠がリスティング広告で表示される部分です。PC版

※赤字の枠がリスティング広告で表示される部分です。モバイル版

 訪日中国人に向けたリスティング広告について注意

訪日中国人の80%は海岸部に住む中国人がほとんどです。リスティング広告出稿の際はエリアの範囲を設定すると効果的です。

更にキーワード設定、キャッチフレーズについて誤るとせっかく広告課金しても効果が減少してしまいます。

NGワードについて

 

「最」「顶」 「首」「唯一」「第一」等を含むワードは使用できません。

リスティング広告・アドネットワーク広告において、下記ワードを含まないように注意が必要です。その他にもNGワードがあります。

キーワードについて

1キーワードについて気をつけたい点があります。それはスペースを入れずに検索するということです。

日本では「日本 旅行 おすすめ」のように、各ワードの間にスペースを入れて検索をします。中国ではスペースを入れません。「日本旅行攻略」と1つの文章のように検索します。

これについては変わる部分ですが、百度指数の検索クエリページに表示されるので、間違えないように。中国は文章で検索をするため百度のリスティング広告を運用する日本で使っているワードを中国語に翻訳しただけでは、あまり意味がないということです

 

このような百度の広告運用はトウサイメディアにお任せ下さい。

 

株式会社 TUOSAI MEDIA INC.

〒200336上海市長寧区古北路686号 長福公寓4A/B

この広告資料ダウンロードしたい方はこちら